二ユース

Global Data インサイト: セイボリースナック市場のトップ トレンド

2017,September 28日投稿

世界の間食市場が急成長しています。大手市場調査会社Global Dataによると、[1]セイボリースナック部門は2021年まで年平均成長率 6.0%を記録する見込みです。世界経済の成長、都市化率の上昇、可処分所得の向上、消費者のライフスタイルの変化が成長を促しており、この966億ドル規模の産業には減速の兆しがありません。現在の市場を形成しているキートレンドを見てみましょう。

 

トレンド1:健康志向

健康的な間食の傾向が、約2年間継続しており、今後も引き続くと分析されています。糖分、脂肪分、塩分の高い食品の影響に対する意識の高まりにより、消費者が「健康によい」スナックを好む傾向が増加しているだけではなく、世界各国政府が、これらの成分量を制限する方法についての選択肢を求める結果につながっています。これにより、商品を考案するスナックメーカーへのプレッシャーが高まっています。健康的な食材の使用に関する課題を解決できる処理技術は、メーカーがこれらの要求を満たすうえで重要な役割を果たします。

 

トレンド2:プレミアム

世界各国で間食の主要動機は、ぜいたくを味わうことです。究極の味覚を求めて、より多くの消費者がプレミアム食材や極上のフレーバーを組み合わせた高品質スナックを選ぶようになってきています。そのため、多くのブランドでは、トリュフやリンゴ酢などの高品質食材を添加し、製品ラインを区別し、グルメスナック部門での地位を強化する努力を始めています。原材料コストの上昇に対応するため、規格外や不適切な調味などによる廃棄を最小限にすることが今まで以上に重要になっています。

 

トレンド3:は一食分

世界中で単身世帯の数が急増しています。調査によると、2020年までに、世界で約4.14億が単身世帯となり、世界総世帯の約18%を占めるとされています。[2]この成長する消費者層をビジネスチャンスとして活かすために、より多くのスナックブランドは少量、は一食分での提供を始めています。少量包装で生産しても生産量を維持し、メーカーの収益性を確保するためには、スピードが鍵となります。

 

トレンド4:持続可能性

他の食品業界と同様、スナックメーカーは、生産プロセスをより持続可能なものにするプレッシャーにさらされています。今日これを怠ると、多額の罰金が発生するだけではなく、ブランドの評判に容易に影響します。そのため、廃棄量の削減は、多くのスナック工場でのトップ議題となっています。コントロール技術と洗練された熱交換器を利用したフライヤーなどの高度な設備のソリューションにより、生産工程はより持続可能なります。

 

世界のスナック市場はめまぐるしいスピードで進化しています。スナックメーカーは成長の可能性が多く潜在する中、これらの課題を克服し、このダイナミックな市場が提供するビジネス機会を最大限に利用するツールを持つことが必要不可欠です。

 

tnaは、このような市場動向に精通しているだけではなく、市場で欠かせない競争力を得られる技術を持っています。弊社の健康的なスナック製造を支援するフライヤー、高級な原材料を最大限に生かす調味技術、市場で最速の袋詰め速度を提供する包装システム、について知りたい場合は、弊社にお問い合わせいただくか、弊社報告書をダウンロードしてください。これらは全て持続可能な生産プロセスを維持できるものです。

 

異なる世代のスナック消費にアピールする方法を探るには、次のブログをご覧ください。

 

[1] Global Data: 世界のセイボリースナック部門における機会(2017年6月)

[2] IORMA: 世帯 -サイズ、組成および構造に関するグローバルトレンドと予測(2016年6月) –  http://www.iorma.com/households-global-trends-and-forecasts-with-respect-to-size-composition-and-structure.html

 

カテゴリ:

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *