二ユース

tnaの新しい省エネフリーザーファン設計で、エネルギー消費を30%以上削減、より持続可能なフライドポテト製造が可能に

tnaは、エネルギーコストを30%以上削減できる省エネ設計の新型ファンをFerguson ener-freeze® FFV 3に導入しました。フライドポテトメーカーにとって、よりコスト効率が高く、持続可能な冷凍システムのソリューションとなります。最新のエアフロー技術を使ったFerguson ener-freeze® FFV 3 は、様々な種類と形(スティック、キューブ、ウェッジ)のポテト加工品を均一に冷凍できます。革新的で持続可能な生産プロセス開発に献身するtnaが、この度、運用コストを削減し、高品質で均一に冷凍製品を生産する新しい省エネフリーザーファンを開発しました。

Ferguson ener-freeze FFV 3は、ベルトの下のエアフローを最適化する湾曲したブレードがついた遠心ファンが特徴で、これにより、製品上のエアフローを均一にし、効率のよい熱交換を実現、また、ベルト幅全体にわたって流動を均一にします。エア速度が、製品の流動速度に近いため、フライドポテトがまとまってくっつくことなく、個別に、迅速かつ完璧に冷凍されます。

さらに、Ferguson ener-freeze FFV 3の特殊なインペラー構造により、ファン曲線は静圧のほぼ100%であるため、生産変動を最小限に抑え、より長期間安定したファン曲線を確保することができます。結果として、Ferguson ener-freeze FFV 3は、従来技術に比べて 30% 以上消費電力を削減し、霜取りなしで長期間効率的なパフォーマンスを維持でき、生産サイクルを大幅に増やします。

「プレクーラーやフリザーは、フライドポテト製造ラインで最も多く電力を消費するシステムのひとつです。」とtnaで加工を取り扱うグループソリューションマネージャーのHenk Boonは述べています。「これらの多くは、作動させるためだけではなく、その際発生する熱を冷却するのにも、大量の電力を消費します。このタイプの設備の消費電力を削減すると、省エネにつながり、生産ライン全体の運用コストに大きく影響します。実際、メーカーが設備をFerguson ener-freeze FFV 3 にアップグレードすると、1~2 年で投資のリターンが期待できます。また、洗浄時間を短縮できる、低メンテナンスで信頼性の高いFerguson ener-freeze FFV 3 はフライドポテト製造ラインの力強い味方となります。」

tnaブランドのひとつであるFerguson(ファーガソン)は、フライドポテト業界で30年以上の実績を誇り、業界トップクラスの革新的な設計の開発を続けています。パフォーマンス、信頼性、低消費電力を誇るFergusonクーリング&フリージングトンネルは、様々なポテト加工品の理想的なソリューションです。

以上

tnaについて
tnaは、世界をリードする統合食品加工・包装ソリューションの国際サプライヤーで、35年間培った業界経験を生かし、これまでに世界120カ国以上で14,000を超えるシステムを納入・設置しています。tnaでは、材料取扱、加工、冷却・冷凍、コーティング、搬送・分配、シーズニング、計量、包装、挿入、ラベリング、金属探知、検査ソリューションなど、総合的な製品ラインアップを取り揃えていますそして最終ライン設備。また、tnaは多様な生産ライン制御インテグレーションやSCADAレポートオプション、プロジェクト管理、トレーニングも提供しています。革新的技術、豊富なプロジェクト管理経験、毎日24時間の国際サポート体制のユニークな組み合わせにより、お客様が所有コストを最小限に抑えつつ高速、高信頼性、高柔軟性の食品製造を実現できるよう、お手伝いしています。

 

さらなる詳細については、担当者にご連絡ください。担当: Ms. Wiebke Thiel
tna solutions Pty Ltd., 24 Carter Street, Sydney Olympic Park NSW, 2127, Australiaオーストラリア
Tel +61 412 366 379  Fax +61 297 482 970
Email [email protected]tnasolutions.com あるいは当社サイト www.tnasolutions.com
Twitter http://twitter.com/tnasolutions