二ユース

tnaはJonathan Rankin(ジョナサン・ランキン)を新CEOとして任命

2019117日オーストラリア、シドニー – tnaは、 Jonathan Rankin(ジョナサン·ランキン)の最高経営責任者(CEO)への昇進を発表しました。最近最高販売責任者(CSO)として最近tnaに戻ったジョナサンは、tnaの日常業務を統括しながらtnaのオペレーションの効率と成長を次の段階に進め、新たなプロセスを実施することに注力していきます。

1982 Alf Talyor(アルフ·テイラー)と彼の妻Nadia(ナディア)によって創設されたtnaは、世界初の回転式、連続モーション、高速縦ピロー包装機を開発し、スナック食品業界に革新をもたらしました。弊社はそれ以来、オーストラリアの包装のパイオニアから、スナック、製菓、生鮮食品および冷凍食品など幅広い業界向けの食品加工および包装設備の世界的リーダーに成長しました。

tnaの共同設立者で取締役社長のAlf Talyor(アルフ·テイラー)「ここ数年、弊社は驚くほどの成長を遂げています。」と述べています。「弊社は現在30の拠点を運営しており、世界中の500人以上の有能な人材を雇用しています。これはNadia(ナディア)と私が自宅の台所で創設したときからの、巨大なステップアップです。ここ36年間 私たちのチームには本当に優秀な人々が加わり、素晴らしいお客様方を得ることができ、スナック食品製造市場の世界的リーダーとしての地位を確立しました。ジョナサンは弊社の歴史の中で最も画期的な達成に貢献し、成長に重要な役割を果たしました。彼が弊社に戻ることを決めたとき、私たちはとてもうれしく、どれほどの成長をもたらしてくれるかを見届けるのが、待ちきれない思いでした。」

ジョナサンの食品業界におけるキャリアは、30年以上に及びす。1993年から2003年までtnaで様々なグローバル管理職を歴任し、彼は今年の初めtnaのグローバル販売部門を監督するためtnaに戻りました。彼は弊社の文化、事業目標、統合された食品加工および包装設備のポートフォリオに精通しています。2017年に再びtnaに参画する前に、食品加工の専門家Marelのゼネラルマネージャーを務め本部長を務め、tnaのオセアニアの事業の成長を成功させました。