二ユース

tna、加工関連設備の責任者にCarel Pfaffを任命

2016年4月18日オーストラリア シドニー – 食品加工および包装プロバイダー大手のtnaは、成長を続ける食品加工チームで新たに重要な人事を行いました。この人事により、食品製造の一貫ソリューションを提供できる当社の地位がさらに強固なものとなりました。Carel Pfaff(カレル・ファフ)はグループ製品マネージャーとしてチームに加わり、FOODesign(フーデザイン)とFlorigo(フロリゴ)の前加工と高性能フライ設備など、tnaの食品加工関連の設備を担当します。オランダのウールデン事業所を拠点とし、カレルはtnaのエンジニアならびにグローバルセールスチームと緊密に協力し、当社の加工設備のラインアップと性能、サービスをさらに強化していきます。

カレルの責任には、新製品開発工程の管理、tnaのグローバルセールスチームの教育をはじめ、彼の市場知識、技術ノウハウ、パフォーマンス志向の戦略を活用した顧客サポートなどが含まれます。フロリゴの技術部でキャリアをスタートさせたカレルは、Kiremkoなどの食品加工大手、製パン・製菓設備メーカーのHaas-Mondomixなどでセールスマネージャーを務め、ポテトスナックやベイクド製品業界両方における実績を積みました。

tnaの最高営業責任者のPeter Oussoren(ピーター・オウソレン)は次のように述べています。「ここ数年、当社の食品加工事業は急激に伸びています。メーカーはフライ設備に対し、全体の利益率に影響する長期的なメリットを求めていることから、当社の革新的なフライ技術への需要が特に高まっています。カレルの技術的専門知識、技術スキル、顧客サービスの実績をもってすれば、当社のお客様すべてのニーズに対してぴったりのソリューションを見つけることができるでしょう。お客様が求めているのが超高性能バッチフライヤー、業界屈指のスチームピーリング技術、あるいは画期的な真空フライ設備のいずれであったとしても、カレルの知識と業界に対する情熱は、お客様に大きな付加価値をもたらすことができるでしょう。」

着任にあたりカレルは次のように述べています。「tnaの加工製品ラインアップをさらに強化することに尽力できる機会を与えていただき、非常に喜ばしく思っています。生産性を向上し不良品数を低減することは、どのスナックメーカーにとってはもちろん、油や価格変動があたりまえのジャガイモやその他の野菜など原材料を扱う企業にとっても極めて大切な要素です。当社の統合加工ソリューションは、このような問題からの影響を最小限に抑えたいお客様のお役に立つでしょう。そして私はチームとお客様に、この分野における私の知見と専門知識を共有できることを楽しみにしております。」
以上

tnaについて
tnaは35年にわたり、世界120カ国以上で使用されている14,000を超えるシステムに、統合型食品包装ソリューションを提供する大手国際企業です。同社は前処理、プロセス、冷蔵・冷凍、コーティング、分配・搬送、シーズニング、投入とラベル、計量、包装、金属探知、ならびに検証のソリューションなど多岐に亘るサービスを提供しています。さらに生産ライン管理統合やSCADA(システム管理とデータ取得)も利用可能です。tnaの革新的技術、プロジェクトマネジメントに関する広い実績、24時間365日のサポート体制は、顧客が最低限の費用で高速かつ信頼性の高い、柔軟な包装食品を供給することを可能にしています。

詳細についてはWiebke Thiel (Ms.)までお問い合わせ願います。
TNA Australia Pty Ltd., 24 Carter Street, Sydney Olympic Park NSW, 2127, Australia
Tel +61 412 366 379 Fax +61 297 482 970
Eメールwiebke.thiel@tnasolutions.com ウェブサイト www.tnasolutions.com
ツイッター http://twitter.com/tnasolutions