二ユース

冷凍食品包装設備についての優先すべき考慮事項

2017,9月 1日投稿

前回のブログ「世界的に急増する冷凍食品の需要」で述べたように、冷凍食品包装の世界市場は年間約5%成長しています。  この市場に減速の兆候はなく、2019年までに約90億米ドルの価値に達すると見込まれています。

冷凍食品に対する消費者需要の成長に乗ずるには、メーカーは食品の安全要件、耐久性、漏れ防止など、特有な包装の必要性に対応しなければなりません。他の多くの市場と同様、高品質な包装技術が特に求められます。

冷凍食品のための包装技術

縦ピロー包装(VFFS)システムは、その順応性、高い密封性、衛生的な設計、過酷な環境下での信頼性から冷凍食品に広く利用されています。メーカーが冷凍食品包装で考慮すべきトップ事項についてここで詳しく見てみましょう:

食品の安全性

冷凍食品業界は、特に衛生、洗浄手順に関して、最上級の安全基準に従わなければなりません。メーカーは、粉塵の侵入、かつ低圧水流を含む(いかなる方向からの)水の強い噴流から完全に防護する、保護等級 IP65を満たす技術が必要です。加えて、洗浄作業中に完全に機器が保護されるよう、保護等級 NEMA 4x を満たすシステムが求められます。

食品の安全性と品質を最適化するために、メーカーは清掃が容易な衛生的に設計された包装システムが必要です。例えば、ステンレス製縦ピロー包装(VFFS)システムは、製品を送りこむのに重力を活用するように設計されており、傾斜面は、交差汚染を引き起こしうる機械に蓄積する食品残渣を防ぎます。さらに、機械部品に簡単に接触できるため、簡単に洗浄できます。

また、最適な生産速度も重要です:製品が迅速かつ効率的に移送されないと、解凍してしまい、食品の品質と安全性に影響を及ぼします。

フィルムの選択

フィルムは冷凍食品業界が重視すべきものです。視覚的に消費者を惹きつけ、中身の内容を伝達し、製品の利便性を向上、そして内容物を保護するという主要な役割を果たします。包装は、シールの圧力、冷凍、保管、輸送、解凍、調理など、様々な状況に耐えられなければなりません。

それらに対応するために、多くの冷凍食品にはポリエチレン (PE) フィルムが使用されています。耐久性、穿刺抵抗が高く、長く商品を貯蔵できます。メーカーは、目的に沿ったフィルムが使用できる互換性のある製造システムが必要です。包装過程で、フィルムのシーラント側で多くの摩擦が発生すると、フィルム送りが不良になったり、包装サイズの一貫性がなくなったり、送出シュートの包装物通過が遅延する、などの現象が起こりえます。これは製品の全体的な品質に影響を及ぼします。

シール技術

効果的なシール技術で、外部物質と気体から保護することにより、冷凍食品の品質、外観および安全性が守られます。最適なシール技術の種類は、使用されるフィルム材料によって異なります。

例えば、通常のヒートシールは、被覆ポリプロピレン(PPE),など高融点の厚いフィルムに特に適しており、他のシール技術よりも高い制御温度に達することができます。熱伝導率の高いシール金具やインパルスシールを利用した縦ピロー包装(VFFS)システムは、冷凍部門にぴったりの選択肢です。

システム統合

冷凍食品の生産を最大にするため、メーカーは製品製造から包装までの設備の統合を考慮しなければなりません。各コンポーネントが統合し、効果的に情報通信し合うと、最大限の効率とパフォーマンスを保つことができます。

もっと詳しく知る

冷凍食品市場は拡大し続けており、メーカーは消費者に安全で魅力的な製品を提供するために、高品質の生産システムを活用する必要があります。上記考慮事項を念頭に置いて、順応性があり、パフォーマンスが高く、使いやすく衛生的な設計の技術を厳選するのが成功の鍵です。

tna arctic® 3  は、冷凍食品包装部門に求められるパフォーマンスと規制条件に対応できます。耐腐食性の固体ステンレススチールハウジング、IP65の保護等級で製造されたこの機械は、最も厳格な衛生規制を満たしています。熱シールまたはインパルスシールに対応するtna arctic 3 は、優れたシールパフォーマンスと精度で広範囲の包装フィルムを処理できます。LLDPEのような、ポリプロピレンとポリエチレンの積層フィルムにも対応しており、注目度抜群の包装が可能です。

冷凍食品包装および包装プロセスの最適化のために重要な考慮事項の詳細については、こちらから当社の報告書をダウンロードしてください。

メールアドレスを入力していただくだけで、
冷凍食品の包装

すべての資料を直接ダウンロード(無料)するには、
サイン・イン  ま  たはご登録
をお願いします。

 

 

カテゴリ:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です