二ユース

世界的に急増する冷凍食品の需要

2017,9月 1日投稿

世界中の国で、冷凍食品への関心が急激に高まっています。冷凍の調理済み食品、野菜・果物への需要は、空前の高まりを見せ、その市場は今後数年間成長を続けると予想されています。

調査によると世界の冷凍食品包装市場は、年平均成長率約5%で、2019年までに約90億米ドルに達する見込みです。  冷凍調理済み食品は、現在、全冷凍食品市場の30%以上を占めていますが、冷凍ジャガイモや他の野菜、果物、魚介類、スープ、肉製品、ベーカリー関連製品の需要も増加しています。
 

多様なニーズに応える

冷凍食品は多種多様な消費者のニーズに対応が可能です。今日の冷凍食品市場の成長を推進している重要な要因はいくつかあります:

利便性:

恐らく最も重要なことは、冷凍食品は便利な間食オプションや調理済み食品を求める消費者の要求を満たす、ということです。多忙な日常生活を送る現代の消費者は、必要時に美味しい物が早く容易に手に入ることを求めています。冷凍食品は、家庭や職場で便利に利用できます。個人、飲食業者、小売業者は、日常の食べ物をよりインターネットで購入するようになってきており、冷凍技術は、このような商品を世界中に出荷する場合でも、安全に到着するのを可能にしています。

健康への影響と新鮮さ:

冷凍食品のもう一つの重要な利点は、冷凍プロセスにより、保存料を使用せずに、食品のビタミンやミネラルを維持できるということです。これで「クリーン」で健康的な食料品への需要の高まりに対応できます。また、冷凍食品は多くの生鮮食品に比べて、食品廃棄が少なくなります。

グローバル経済の進展世界的な経済成長と所得向上により、個人が価格よりも利便性を優先させるようになり、それが冷凍食品を求める消費者需要の増加につながっています。GrandView調査によると、欧州の冷凍食品市場は、総収入の35%以上を占めており、また、アジア太平洋地域では、数カ国でファーストフード店が急成長していることから、最高の成長率を記録すると見込まれています。

技術の進歩:

ニュータイプのフィルムと改良された包装デザインも、冷凍食品市場繁栄の要因です。引裂きノッチ開口、密封可能なジッパー、ポーション包装など、技術革新により、メーカーは自社商品をアピールし、消費者の要求に対応できるようになりました。

特有な包装の必要性:

メーカーにとって大きなビジネスチャンスを生みだす冷凍食品ですが、食品の新鮮さと安全性を確保するには、特別な包装への配慮が必要になります。冷凍食品を取り扱う上で、何点か重要な考慮事項があります。

食品の安全性:

冷凍食品は、熱や光にさらされると溶けやすいため、食品の安全性が懸念されます。食品安全規則に準拠するために、メーカーは、温度安定性が高く、劣化を防ぐ包装を選択する必要があります。

耐久性:

言うまでもなく耐久性は非常に重要な事項です。包装が容易に裂けたり開いたりする場合、内部の食品がダメージを受けてしまいます 消費者、小売業者、飲食業者は、冷凍食品が汚れず、漏れが発生せず、安心して利用できることを望んでいます。

品質

光、酸素や水分が包装に浸透した場合、食品は風味、食感、色、さらには栄養価を失う可能性があります。

販売促進:

冷凍食品の包装は、消費者の注目を集めるのに活躍します。そのために考慮すべき主要な要素は、視覚的な魅力と便利さを訴求する「簡単調理」デザインです。また消費者は、内部の食品の品質が見える透明包装デザインの製品をよく選択します。

 

適切な包装技術の選択

拡大し続ける冷凍食品市場において、メーカーは消費者の需要を満たすために迅速に行動しなければなりません。高性能の包装技術は、冷凍食品部門での成功につながります。メーカーが競合に勝つには、順応性、使いやすさ、衛生的なデザインの追及が必須です。

冷凍食品特有の要件を満たす包装技術についての詳細は、このブログシリーズの第二部、「冷凍食品包装設備についての優先すべき考慮事項」をご覧ください。

 

カテゴリ:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です